日記 - あがり症克服法

人間関係によるストレスは大きいものですが・・・

それまでに、おいらはいつも何か言い訳をして過ごしてきました。
それが習慣だったため、明るくて自由に楽しそうに

生きている人や、頑張っている人を見ると
うらやましく思い、おいら本当に毎日のように

うんざりした日々を
それまでは送ってきていたように思います。

自分自身がわからなくなったり、
暗い心でどうにか幸せになりたいと思い続けたり・・・・

いろいろな習い事をしたり勉強をしましたが、
全て途中で諦めてしまう日々でした。

それでも、金井式スピーチ瞬間記憶術セミナーDVDを視聴してから、もうそんな自分を繰り返したくないという気持ちになることができましたのは自分でも驚き桃の木20世紀でございます。

まだ始めたばかりですけれど、
本気で思う気持ちと落ち込む日々をくり返しています。

緊張症はきっとよくなりますよ。

完璧な人間なんているでしょうか?
突然のっけからこんなことをのんべえが言うのもなんですが、じっさいのところそうなのですから、・・・

あがり症を克服された多くの人が思っていることですが、そうなのです。

人間なんて、適当な加減ぐらいでちょうどよいのです。そもそも・・。

完璧を目指しすぎると、ロクなことがないのです。サラリーマンで適度に働くことも全然オッケーな世の中なんだなぁとつくづくそう思っています。

更年期障害でもあがり症でも、その時期は長くは続かないと適当になんとかなるよって自分で思っている人のほうが、長生きできますので、あなたもそう強く悩みこまないでくださいね、大丈夫です。

緊張症はきっとよくなりますから。

アルバイトの面接であがる症状

みんな誰しもがあることだと思うけれどあがってしまうことって

ある・・・。だけど、それがある一定のパーセンテージを超えてしまうと

人は病気になってしまう。例えば福井県での短期アルバイトの面接を受けた人の例をあげれば、


面接官の目を合わせたとたん、あがりパニック状態になってしまうといった例です。

こういった事例は最近増えてきております。