あがり症と強迫神経症 - あがり症克服法

あがり症と強迫神経症

あがり症と強迫神経症について

あがり症のメカニズムをまず説明していきます。
一般的にあがり症は人前に出ると緊張して、思うように話が出来なくなり、
顔が赤くなったり人の視線が気になる症状です。
この症状は日本人に多く見られますが、一種の強迫神経症です。

強迫神経症とは、自分が他人から何か変に思われるのではないかという
不安が気持ちの根底にある状態です。
人は誰でも多少は人見知りをするとか、他人に気を使いますが、

この度合いが極度に強いのがあがり症とも言えるでしょう。